函館西高つゝじヶ丘同窓会東京支部ブログ

つゝじヶ丘同窓会東京支部「事務局トピックス」「会員だより」

新たな代表作として期待―「柳橋ものがたり⑥」を読んで

佐々木太郎(14回生)   

「柳橋ものがたり」のシリーズは、すでに二見時代小説文庫で5冊出版されていて、すべて読んでいる。この第6巻は今年発行され、いつものようにアマゾンで買おうと思っていたら、3月に行われたつゝじヶ丘同窓会東京支部の事務局会議のおりに、感想文を書いて会報に載せるという条件で、広報担当の井田ゆき子さん(20回生)から貰ったものである。彼女は森真沙子(11回生)のファンクラブを立ち上げ、ボランティアでホームページの制作、管理をしている。

 船宿「篠屋」の女中である主人公の綾が、船宿で偶然出会った事件に巻き込まれて、あるいは積極的に関与して活躍する物語で、各巻とも5話の連作であるが、この第6巻では少し違った展開もあった。

1話「冬の朝顔」は、主人公の綾が船宿に勤める前に綾の父の友人の診療所に勤めていたときの話であり、朝顔を育てている御家人と知り合うが、話の中で綾自身の過去も語られる。「柳橋ものがたり」は綾が船宿に就職するところから始まったので、これは将来の話の伏線になっているかもしれないと思って読んだ。ただ、新しい人の名前が沢山出てくるのと時系列がやや分かりにくく、2度読みしなければならなかったが。また第5話「篤姫様お成り」では、綾が生き別れになっている兄の消息を求めて天璋院篤姫に会う寸前まで話が進む。

この本のサブタイトルにもなっている第4話「しぐれ迷い橋」は、江戸一番の大人気の噺家三遊亭圓朝がかかえる悩みと粋人の幕臣成島柳北がからむエピソードで、これなどはまさに「家政婦は見た」の時代小説版的なつくりである。

各話完結しつつも、主人公の過去が少しずつ明らかになり、今後の展開の可能性を残す手法と、篤姫や山岡鉄太郎、榎本武揚など実在の人物がからんで展開するストーリーの進め方は、幕末、慶應年間という激動の時代の歴史小説的趣と、季節感にあふれる江戸情緒で読む者を飽きさせない。このままシリーズが続くと日本橋物語(10)を超えて彼女の代表作になるかもしれない予感と期待を持たせる。

 IMG_20210413_0002

佐藤泰志原作の映画化5作目「草の響き」が 函館で撮影、来秋公開されます

井田ゆき子(20回生)

西高18回生の作家、佐藤泰志が亡くなって、今年で30年になる。1010日の命日に、5作目となる「草の響き」の映画化が発表された。これまでの4作と同様に函館で撮影し、2021年秋の公開予定だという。「草の響き」は1979年発表の初期の作品。精神科に通院し、治療のためにランニングを日課とする主人公は、同様の経験があった佐藤泰志自身で、主人公が道で出会った若者「ノッポ」と心を通わせる姿を描く。

企画・製作・プロデュースを務めるのは、過去4作を手掛けた函館市民映画館シネマアイリスの代表、菅原和博さん。「佐藤泰志の没後30年と映画化第1作『海炭市叙景』から10年となる今年、映画を作ろうと考えていた」という。1月には監督のオファーや脚本の準備を進めていたが、新型コロナウイルスの流行は映画界も直撃した。

「コロナ禍で映画館の経営は厳しいし、人々の暮らしも暗転した。こんな時代に映画を作ることの意味を考えていた。いくら考えても答えは出ない。おとなしく家に引きこもり続けるべきなのだろうか。

 そんな中、多くの人たちが映画館を支援してくれた。映画ファンのためにもできることは映画を作ることだと思うようになった。映画を必要としている人たちがいる。佐藤泰志の文学を大切に思っている人たちがいる。私も『草の響き』の主人公のように走りだそうと思う」

メガホンをとるのは「フレンチドレッシング」「なにもこわいことはない」の斎藤久志監督。「ただ走っているだけの作品で、小説ならこれでいいですが、映画は客観的に立体化しなければいけないので、それをどうするか。菅原さんに『アメリカンニューシネマにならないか』といわれたので、なるほどねと思いました。僕はニューシネマではないけれど『長距離ランナーの孤独』という映画を思い浮かべました」

この原稿を書いている私は佐藤泰志の2級下で高校時代からつきあいがあり、泰志さんから「長距離走者の孤独」という小説を読むようにすすめられたことがあった。「草の響き」はこの作品が念頭にあって書かれたような気がする。初の芥川賞候補となった「きみの鳥はうたえる」(河出文庫)に収録されている60ページくらいの短編なので、未読の人にはぜひ拝読を勧めたい。来年の公開が楽しみだ。

 

※下記のアドレスは、NHK札幌放送局制作「没後30年 佐藤泰志の魅力」として放送されたニュース番組。Ctrlキーを押しながらクリックすれば閲覧できます。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20201116/7000026874.html

 高校時代の級友たちと一緒に。佐藤泰志さん(左端)

写真提供/折田信一(2枚とも)

佐藤泰志①













海上保安庁勤務の高校時代の友人に招待されて、巡視船「宗谷」の観閲式に出席した時の佐藤泰志(二列目右端)

佐藤泰志

コロナ禍中 事務局奮闘記① まもなく届きます、 会報24号と年会費振替用紙の発送作業を実施しました。

24号発送作業 (2)マスク着用、ソーシャルディスタンスに配慮しての作業風景。




 今年5月に発行予定だった「つゝじが丘だより東京24号」が3か月遅れでようやく完成。気温35度の猛暑の中、829日に発送作業を行ないました。事務局近くの東大島文化センターの会場を借りて、4時間余りの作業でした。 

当日、作業に集まったメンバーは「コロナ何するものぞ」の11名。50代が1名、603名、707名という高齢者軍団。東京ではコロナ感染者数がなかなか減少せず、加えて事務局メンバーはほとんどが60代以上で、コロナに感染すれば重症化どころか死の淵に立たされるかもしれないというリスクを覚悟の勇者たちです。

この日を迎えるまでには、会報を発行するのかしないのか、発送作業はどうするのか、事務局メールでの話し合いを繰り返しつつ、発送作業直前まで迷いながらの選択と決断でした。

同窓生の皆様、コロナ禍中にようやくお届けできる「つつじヶ丘だより東京24号」をじっくりとご拝読いただければ幸いです。また、同封の振替用紙にて年会費へのご協力もどうぞよろしくお願いたします。                                      

封入作業が終わった1525通。
24号発送作業2

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新たな代表作として期待―「柳橋ものがたり⑥」を読んで
  • 佐藤泰志原作の映画化5作目「草の響き」が 函館で撮影、来秋公開されます
  • 佐藤泰志原作の映画化5作目「草の響き」が 函館で撮影、来秋公開されます
  • コロナ禍中 事務局奮闘記① まもなく届きます、 会報24号と年会費振替用紙の発送作業を実施しました。
  • コロナ禍中 事務局奮闘記① まもなく届きます、 会報24号と年会費振替用紙の発送作業を実施しました。
  • ペトラ遺跡、エルサレム~中東の旅
函館西高等学校つゝじヶ丘同窓会
東京支部公式サイト
http://www.td-tokyo.com/
RSS
月別アーカイブ
プロフィール

tdtokyo

QRコード
QRコード