函館西高つゝじヶ丘同窓会東京支部ブログ

つゝじヶ丘同窓会東京支部「事務局トピックス」「会員だより」

2019年03月

お伊勢参り(おじさんぶらりひとり旅 その4)

野口 卓史(27回生)

この3月中旬、念願のお伊勢参りに行ってきました。江戸時代の超人気ツアー、犬まで行ったというお伊勢さまです。行く前に、125ものお宮の総称が伊勢神宮であるとか、何十年に一回式年遷宮があるとか、ざっくりの知識を入れたぐらいでのお参り、土日で行ったので先に鳥羽水族館で、日本ではここにしかいないジュゴンを見ることに。

土曜の朝6時前に所沢の寮を出発、「東京」から新幹線で「名古屋」に、ここからは近鉄の方が接続良いので近鉄特急に乗り換え「鳥羽」へ、一駅乗り継いで「中之郷」が水族館のすぐの駅です。昼前には何とか到着しました。

野口1
























とりあえず「鳥羽水族館」へ入館しさっそく見学開始。ここは最近の水族館のように、見学も通路に沿ってじゃなく自由に見て良いので、渋滞もなく見学するには、中々便利です。あっち行ったりこっち行ったりしたので、良い運動かと。ジュゴンにも会ってきましたよ。

野口2野口3









 途中真っ青なザリガニを発見。あまりに鮮やかなので、写真をパチリ。ザリガニとありましたが、伊勢エビの小っちゃいぐらいの大きさでした。見るのに時間もあまりかからなかったため、となりのミキモト真珠島も見ることに。「真珠博物館」と「御木本幸吉記念館」を見てきました。あと海女さんの実演も。

 






野口4

野口5

博物館には、その昔各国の万博に出展した真珠を使った地球儀とか宝冠とかいろいろな作品も展示しておりましたが、それはそれは素晴らしいものでした。帰りは「鳥羽」駅に。駅に上がっていく階段のところに、鯛焼き屋が。どうやらレスリングの吉田沙保里さん、登坂莉絵さん、土性沙羅さんが来店したという鯛焼き屋でおやつに焼き立てをひとつ。店の入り口の横に、3人が来た時の写真が貼ってありました。

 「鳥羽」から伊勢方面へ。泊りは「伊勢市」駅の隣の「宮町」のホテルへ。周りになんもないところでした。晩ご飯は少し離れた食堂へ。値段はリーズナブルでしたが、味はイマイチでした。

 日曜はお伊勢参りです。あいにく小雨模様でした。電車で「宮町」から「伊勢市」へ。電車を降り地図を頼りに「外宮」へ。外宮の入り口手前に「赤福」の出店があったので、参拝前にちょっと一服、ぜんざいを食べることに。

 
野口6






























そこから参拝所までは、結構歩きます。お清めして向かいましたが、参拝する人間の行列がずっと続いていました。雨模様でちょっぴり寒かったのですが、長い行列が続いていました。江戸の昔もこんなんだったんでしょうか。そして本殿へ行ってびっくり、なんと本殿ははるか奥で、屋根が少し見える程度。

野口7 

外宮は「豊受大神」を祭っております。敷地内の社もいくつかお参りしました。そのあと、バスで内宮へ。約20分程でしょうか。内宮は「天照大御神」です。内宮も外宮同様、本殿はほとんど見えず。同じように敷地内のいくつかのお宮をお参りし、門前の「おはらい町」へ。

 






ちょうどお腹もすいてきたので、「おはらい町」の一角にある「おかげ横丁」の浪曲茶屋でにゅう麵を食べる
ことに。

 野口9





























その後、同じ横丁にある「神話の館」で「古事記」の世界を。国生みから始まって、いくつかのエピソードを人形で表現しておりました。説明の方がついて回ってくれたし、人形もなかなかのものでした。写真は須佐之男命のヤマタノオロチ退治の場面です。

 野口10

 







野口8
















 


 そのあとは「おはらい町」をブラブラ。人でてんこ盛りですね。渋谷のスクランブル交差点のようでした。途中「赤福」の本店があったり、レトロな郵便局やお土産屋など諸々。けっこう大きな町ですね。

 野口11










































 雨の中、身体も冷えてきたので、途中の
CAFÉで一服、春限定の「桜のモンブラン」を頂きました。

 野口12夕方までブラブラし、バスで「伊勢市」駅近くのホテルへチェックイン。晩御飯は松坂牛を食べに肉バルへ。地ビールを1本だけ飲んで、あとはご飯とお肉を。中々リーズナブルなお店でした。

 野口13

あとで家族にラインで写真を送ったら、三女から一言「食ってばっかりだな!」と。

家に帰って体重を測ったら、3㎏程増えており、今必死に落としているところです。

27回生東京地区還暦同期会

 野口 卓史(27回生)

 この323日の土曜日、久しぶりの27回生の東京地区の同期会を、ホテルローズガーデン新宿の和食レストラン「栗吉」にて開催致しました。3月下旬にもかかわらず、あいにく真冬に逆戻りの寒い日でしたが、還暦記念の同期会も昨年の札幌、函館に続き締めくくりとなりました。
 5組の担任でした吉田先生にも参加頂き、また遠く仙台からの参加もあり9名が集いました。卒業以来の方もおり、昔話に花が咲きました。
 還暦という人生の節目となり、みなさんいろいろある中、お互い元気な顔が見れて、今後の活力となったかと思います。またこのような節目に、4月より陵北との合併による新設校が開校となりましたが、西高の校名は存続となり、嬉しいスタートとなりみな喜んでおります。吉田先生も持病を抱えていらっしゃるにもかかわらず、足を運んで頂き改めて感謝申し上げます。
 楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、おひらきとなりましたが、次の再会を楽しみにそれぞれの家路を辿っていきました。
 次回は参加者が増えることを切に祈っております。
27回生東京同期会

「はこだて元町 志るこや菊」へ行って参りました

野口孝子(24回生)

昨年のことなので、あの時の熱量とトーンでお伝え出来ないのが真に残ねーん!!です。でも、やはりお知らせしたくメールしました。

 まず先に、事務局の皆様お忙しい中、会報を発行し送って頂きいつもありがとうございます。毎号、楽しみにしております。

その会報の載っている「函館ちょっぴり昔語り」毎回、その時代に思いを馳せ懐かしく時には哀しく拝見しております。その記事を寄稿してくださる方が元町辺りでお店を開いているとの事で常々お会いしたく、昨年ついに伺わせていただきました。前もって友人達にも今迄の記事のコピーを渡しておいて「そうそう!」とか「そうだったの?」と盛り上がり、連日楽しくワイガヤとさせてもらいました。

函館の生き字引か語り部のような方で素敵なお人柄(まさに菊スタイル)と味のあるお店ですっかりファンになってしまいました。

還暦を過ぎ少し疲れた精神状態の私たちは、8期先輩の空気感にちょっと刺激されましたね。お話を伺っていたら内容は長くなるので割愛しますが、亡き祖父より聞いた記憶の点と点が繋がったり、不思議に思っていたことがほどけたりのひと時でした。

もちろん、お汁粉のおいしさといったら・・・。少し品がないかなと思いつつお汁粉に目がない私は大盛りを注文し(メニューには確かに有り)「こんな人初めて」と笑われましたね。五月に帰る予定なので、またお店におじゃま出来るのが今から楽しみです。

 皆様、帰函の際には是非ともお勧めです。お休みが不定期のようなのでご注意を!!

                        菊さんF.C.   末席

菊(1)菊(2)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 卓球部OB懇親会 函館にて開催
  • 白楊ケ丘同窓会東京支部親睦会に出席
  • 白楊ケ丘同窓会東京支部親睦会に出席
  • 関東青雲同窓会に出席
  • 関東青雲同窓会に出席
  • つゝじ丘同窓会本部総会 出席報告
livedoor 天気
函館西高等学校つゝじヶ丘同窓会
東京支部公式サイト
http://www.td-tokyo.com/
RSS
プロフィール

tdtokyo

QRコード
QRコード