前略ご無沙汰いたしております。よそおいを改めた会報NO.4を拝見いたしました。ユニークで見事なでき映えです。昨年は道南松前のさくらの里、又この三月には函館から洞爺のサミットまで旅をしました。
この秋、品川昭和大学病院に前立腺がん「密封小腺源治療」の為入院します。
 つゝじヶ丘関西支部総会には大阪まで出向きます。
どうぞ高橋さんの特味を生かした会報づくりに専念下さい。
又その内会いましょう。お元気で。皆様にもどうぞよろしく。公私共に頑張って下さい。お元気で、健康が第一です。早々
                     西高4回生 阿 部 英 一

『阿部先輩へのお返事』
拝 啓
 師走になりました、相変わらず不安定な気候が続いておりますが、阿部英一先輩はいかがお過ごしでしょうか。お元気に旅をしていらっしゃるところを見ると、前立腺がんといえども大した事はなさそうなので安心しております。先輩には日頃から何かとお世話になりありがとうございます。
 今回の会報は、西高16回生坂口清隆氏の全面バックアップにより今までに無い鮮やかな会報となりました。写真撮影から紹介者の取材等、私では思いも及ばない精力的な行動に頭が下がりました。同窓会会報はどんなものが正解かは計り知れませんが、人間と同じく元気が良いのが一番ですね。
 ホームページも開設され、(巴会)の仲間入りもようやく出来ました。資金力があまり無い同窓会ですので、総会が楽しく・会報が元気な姿で会員の皆様が顔をこちら側に向けてくれるような運用をしたいと思っています。
 今後も何かとお世話になると思いますので、宜しくお願い致します。総会のときは、バタバタしますので良い機会を見つけてお話したいと思います。
 今後もお元気で、関西・東京の同窓会を宜しくお願い致します。
                                敬 具
                     西高17回生 高 橋 順 吉