事務局員 18回生 佐藤雅英

 529日(土)午後515分、新谷会長と二人でJR四谷駅近くの弘済会館で開催の関東青雲同窓会に参加した。最初は恒例の来賓を含んだ100名以上参加の全体写真撮影。

別室に移り、懇親会が始まった来賓17名を含め、全体で119名の参加者を10テーブルに分け、和洋折衷料理を目の前にしながら、新山会長挨拶・来賓紹介・来賓挨拶(青雲同窓会本部、函館市、札幌支部、関西支部と続き、締めくくりは函館高等学校長の学校・生徒環境の紹介及び抱負)が終り、やっと、中村名誉会長の乾杯で宴が開始された。

旧東高時代も含め、学校長は毎年参加している、運動部等の活躍の報告や今やラ・サール高を凌駕する進学率・進学数を学校長が自ら報告する姿は、西高では久しくなかったので羨ましく思った。

 懇談の中、アトラクション(めおと楽団 じきじき)が始まり、楽しいパフォーマンスのひと時の後、抽選会が始まった景品は、中村名誉会長経営の病院の脳ドック受診券を筆頭に、毎回寄付と購入で品揃えを行い、ほぼ全員が何か当る仕掛けになっている。

 抽選会の喧騒さが一段落すると、旧新校歌斉唱と第一応援歌、第四応援歌が披露され、閉会となった。

 毎年、100~150名程度の会場を探し、変えながら開催している関東青雲同窓会の役員、幹事の皆様方のご苦労を思いながら、会場を後にした。