副会長 高橋順吉(17回生)

 平成25622()に開催された同窓会の懇親会への出席報告を致します。

 開催場所はロイヤルパークホテル3F「ロイヤルホールE」で、同校同窓会は1315分受付~19時までの第一部;総会 第二部;講演・演奏・講和 第三部;懇親会の順に実施される超長時間開催同窓会です。中には、懇親会のみ出席の会員もいらっしゃる様子でした。新谷名誉会長と高橋順吉は1650分から19時の懇親会(来賓以外は立食)に出席しました。 

 ラ・サール創設はラ・サール会修道士が昭和7(1932)に来函した事から始まります。昭和30年ラ・サール会本部で函館ラ・サール高校設立を決定し、昭和35年一期生が入学しました。今年2013年の総会テーマは「Family Spirit Challenge Spirit」です。懇親会の来賓着席はフリーで多少まごつきましたが、中部高校安田康次支部長と加納元雄副会長と席に着きました、懇親会は次第通り進行しました。


 途中で「LASALLE ANIMO」と印字された「タオル」が登場し、アンドレ・ラベル理事長のお話の後「アニモ!!」のシュプレヒコールがありました、内容については何となく理解は出来てはいたものの、周りの勢いで私も「アニモ!!」を連呼していました。最後の校歌・讃歌・学生歌の合唱では隣同士の人と肩を組み、全員が一つの輪になり大声で合唱しました。この時はさすが男子校との感触を得ました。

 又、別冊小誌では「甲子園を目指して」との野球部特集がありました。今年の春季地区大会Aブロック決勝で「函館大谷」に勝利し、春季道大会へ進み527日の開幕初日にあの「北海高校」と対戦し7回に猛攻5得点で逆転し、7対5で勝利しました。北海高校は選手14名で必死の全員野球ですが、ラ・サールは9名の最小野球でした。投手の清水洋二郎君(3)は中学(ラ・サール中)3年時「Kボール」日本代表となりアジア選手権準優勝の経験を持ちます、クレバーな投手という事で東大に進学し、桑田真澄の指導で活躍する姿を見たいものですね。

(高橋順吉)1年の時野球部に席を置き、秋季新人戦で8番ショートで出場し、3回戦迄戦った思い出が甦りました、当時ラ・サールのユニフォームは「卵色」でした。ちなみに今年の春季地区大会は我が西高もブロック決勝迄行きましたが、函館大有斗に完敗しましたが結構頑張っているなと感じました、ラサールもブロック決勝で負けています。

 「LASALLE ANIMO」のアニモについては久しぶりの「コンサイス英和辞典」に記載されていませんでしたので、2期の山崎太二郎さんに聞いたところ、応援用に用意したGoodsという事でした。意味はスペイン語で「がんばれ」「GoGo」という意味があるという事ですが、深い意味として名詞では「魂」「心」で複数形で「勇気」「気力」となるようです。普段アニモと言われたら「元気出して」となるがスポーツの時は「行けーー」となるそうです。

 

 と言うわけで、2時間を楽しく過ごせました事を感謝し帰路に付きました。
ラサール同窓会2013