佐々木太郎(14回生)

 914日の夕方、新宿御苑近くのフォトギャラリーを借りて開催されていた写真展へ、同期(14回生)の新野繁信君の作品を見るために出かけてきました。僕と若林郁雄君、洞田雅子さんとも一緒になり、もちろんそのあと近くで一杯やってきました。

彼は「フォトクラブ瞬彩」という風景写真愛好家サークルに所属しています。同期会の専属写真家でもあり、2年前同期会の旅行で日光に行ったときも、僕が朝飯前の散歩に出かけたら、写真を撮り終わって宿へ帰ってくる彼とすれ違いました。風景写真というものは夜明けか夕方がシャッターチャンスのようで、写真展でも夜明けの写真が圧倒的に多かったようです。

添付した作品(オリジナルではなく展示を撮った写真です)12月の赤城山ですが、冬の明け方の一瞬を切り取るために、夜中に山登りをして待ってようやく出会えたシャッターチャンスをものにしたものだそうです。

 冬の赤木山by新野