110周年記念式典











103()、午前10時から創立110周年記念式典が函館市民会館で挙行されました。全校生徒、教職員のほか同窓生も多数出席して開催されましたが、10年前に100周年の大きな行事をした後なので、今回は比較的地味な式典でした。開始前の生徒による吹奏楽によるウエルカムコンサートや、式典の最後にアトラクションとしての演奏会と書道のパフォーマンスが、(型どおりでやや退屈な)式典に花を添えてくれました。

明治38年に開校して以来すでに3800人を超える卒業生がこの学び舎から巣立って行ったのです。「この坂からⅡ」と題した記念誌も発行されました。「志を高く」のスローガンの下、これから卒業する若人たちはすくすくと育ってほしいものです。
110周年書道部





 


 




 午後からは五島軒に場所を移して祝賀会です。つゝじヶ丘同窓会の総会も兼ねて行なわれましたので、同窓生を中心に約
350名が出席し、和やかな雰囲気の中で談笑する光景があちこちで見られました。アトラクションは堂下校長の娘さんの歌、16回生の千葉浩さんのテナーサックス、バックバンドには19回生の木幡英二さんを中心に函館の職場仲間で結成されたVestというジャズバンドで、演奏のほか校歌、応援歌の伴奏もつとめてくれました。午前中の式典での校歌は吹奏楽、午後の祝賀会ではジャズバンドを伴奏に、出席者はいい気持ちで歌うことが出来ました。

 110周年祝賀会