納代 鉄也(2回生)

今年も107()、函館西高第二期生(昭和27年卒業)の東京地区同期会が例年同様 銀座四丁目銀座クリスタルビル(通称フジヤビル)7階の桃杏楼で行われました。午前中は雨模様で果たして全員が予定通り出席して貰えるか心配しましたが雨も開会の正午にはあがり予定通り無事実行されました。

本年は毎年のように参加者が少なくなっている中で62人に案内状を出しましたが、参加者が26人と昨年の22人より4人多い参加者でほっとしました。我々二期生は昭和8年と9年生まれの満84歳以上の方々がメンバーですが、中には車椅子の方や付き添いの一緒の方も居ましたが、皆元気に西高時代同様に談論活発で敬語抜きや渾名での呼び合いが方々で出るという状態で、正午から午後四時までの四時間喋り通しの状態でした。

流石にアルコール類や食事の量は大分減って来ましたが、お喋りの方は全く昔通りの賑やかさでした。我々同期性は、旧制中学校・高等女学校の最後という事もあり函中・市中・高女・女子商業各校からの生徒の集まりという事もあり話題が特に多い様でした。恩師としては、例年同様 大谷泰子(旧姓工藤泰子)先生がお元気な姿を見せて頂き我々一同大いに感激しました。遠く札幌からも4名・鶴岡からも1名見えられ楽しい話題に色を添えられてくれました。

毎回の様にこの会も「今回で終わり」などと皆高齢者ぶっていますがこの調子だとどうもやめられそうもありません。年に一回の集まりですが、本当に有意義で楽しい若返りの会だと考えておりますので、年々参加者は少なくなるのは止むを得ませんが皆元気でいる限り何とかこの西高二期会を今後とも続けていきたいと考えていますのでよろしくお願い致します。

 二回生