函館西高つゝじヶ丘同窓会東京支部ブログ

つゝじヶ丘同窓会東京支部「事務局トピックス」「会員だより」

会員だより

冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)

                        野口 卓史(27回生)

 JALのマイレージのサービスに、「どこかにマイル」というのがあります。これは国内線往復航空券が通常15,000マイルのところ6,000マイルで引き換えられるというお得なサービスです。ところがどこに行くかはJALまかせというものです。申し込むと4つの候補が提示され、そのうちの一つが当たりますが、候補は再選定が可能です。候補が良ければ申し込み、後日結果が通知される仕組みです。

 時期的に北方面は雪で欠航の可能性もあるので、4つの候補が全部西日本になるまで選び直し、最終的には徳島空港行に。何年か前に徳島市内と鳴門の渦は行っているので、ガイドブックを引っ張り出し行先を物色。大まかに西に向かうか南へ向かうかというところですが、頭もボケつつあるので、大歩危・小歩危の祖谷渓に。さっそくレンタカーやらホテルの手配を。

 金曜日の夜便の移動だったので、泊りは空港にそこそこ近い鳴門の、とりあえず寝るだけのホテルへ。

野口画像1

  翌朝空港まで戻りレンタカーを借り出発。高速に乗らず、ちんたら下道を吉野川の上流へ。途中貞光の道の駅でトイレタイム、そこの地図に剣山経由で抜けるルートがあるのを見つけ、観光案内の窓口の方にちょっと聞いてみたところ、冬は雪で閉鎖中とのこと。とりあえずまっすぐ大歩危・小歩危方面へ大歩危の泊るホテル前を通過し「かずら橋」へ。渡り料を払って渡ってきました。足を踏み外しそうで、おそるおそる。つかまり歩きでなければ渡れないですね。野口画像2

 

 



すでに昼はだいぶ回っていたので奥祖谷の方の「そば道場」へ祖谷そばを食べにいくことに。途中平家屋敷に寄り、やっと「そば道場に」、すでに
2時を回っていました。道路はところどころすれ違いも出来なさそうなところが増えてきたので、「かかしの里」とかまだ見るところあるのですが、温泉につかってゆっくりすべく昼飯後はホテルへ直行することに。3時過ぎにはホテル到着。さっそくお湯につかり、途中の道の駅で買った蜜柑を食べながら部屋でゆっくり。

野口画像3 

 夜ご飯は、レストランの和食のコース、一番搾り、地元のゆずビール、麦焼酎の水割りを一杯ずつ飲んで終了。全部を平らげるのはもうきつくなっていますが、何とか完食。郷土料理もいくつか入っておりました。

 部屋に戻り、ベッドに寝転がりながらテレビを見ているうちに時々うつらうつらしながら、結構早くに沈没。帰ってから改めて録画を見る羽目に。

 朝のバイキングにいか刺しが小どんぶりに、二口分程頂きました。函館でもしばらく食べてないイカ刺しを四国の山の中で食べられるとは思ってもみませんでした。

 遅めにチェックアウトし、大歩危で川下りの舟に乗ることに。ちょうど団体が入って、2艘が出たとこ、30分ほど待って乗船、ちょうど客のはざまで、乗客は2人だけ、ほぼ貸し切りでした。

 野口画像4

 そのあと来た時とは違うルートにしたのですが、狭いし前見えないとこばっかりだったので、運転疲れました。対向車来ないことを祈りながらでしたが、時々行き会いましたが、

ほとんど先に停まってくれたので助かりました。一度はバスも。よく運転するものだと感心しました。

 元々は平家の落人の里だったところもあるようですが、崖に貼りついて建てられて、すぐ前が道路の家も結構あり、普段の生活の大変さが感じられました。今回は雪にあたりませんでしたが、冬は雪も積もるところらしく、レンタカーもスタッドレス装着車を選べるようになっていたとこも。

野口画像5 前日の昼は蕎麦だったので、徳島ラーメンにしようと思い、徳島空港に向かう途中探しながら走っていましたが、うどん屋ばっかりで、やっとラーメン屋見つけた時は2時近くに。お腹がすいていたのを別にしても、中々美味しいラーメンでした。

 

 空港に戻る直前に、松茂町の人形浄瑠璃資料館に。入館料が無料なのが嬉しかったです。

見学者は自分ひとりと、あずましく観れました。

 


野口画像6 早めに空港に入り、今回の一人旅終了。

 

32回生同期会開催

本間雅子(32回生)

令和元年1214日土曜日。18時より、居酒屋にて、32回生忘年会を、開きました。嬉しい事に、2組の担任の吉田先生を囲んでの会と、なりました。

今回は、皆さん、お仕事をされてからの参加される方が、ほとんどでした。忘年会シーズンなので、お店はサラリーマン、先生方の集まりが多かったです。先生のお話の中で、これからの人生の送り方など、とても為になるアドバイスを、お聞きして、有り難く思いました。

来春は、男性陣が中心となり、同期会を企画して下さるそうで、今から楽しみです。 駅の改札口で、ひとりひとり、吉田先生が握手をして、ご挨拶をされたのが、印象的でした。

 皆さま、どうも有り難うございました。

32回生同期会201912

13回生同期会(忘年会)開催

齋藤勝美(13回生)

38(13回生)の同期会は、久しぶりの開催で、年末(1214)なので忘年会としました。我々の半分以上の仲間は今年後期高齢者になりましたが、今回のメンバーは元気いっぱい!

ワイワイガヤガヤと皆さん会話が始まり二時間半があっという間。来年は函館で同期会開催、それまで元気でいようと。その後恒例の二次会カラオケ・・・

 13回生同期会12月

卓球部OB懇親会 函館にて開催

野口卓史(27回生)

この1116日の土曜日午後6時より、函館の「五稜郭ガーデン」にて、第6回卓球部OB懇親会が11回生~33回生21名の出席にて開催されました。

6年前の前回より増え20名を超えました。準備に奔走頂いた幹事の29回生の中江(旧姓小笠原)弘美さんのおかげです。函館は雪が降ったあとで、幸いもう融けたところでしたが、ちらほら雪が舞い、埼玉に慣れた身にとっては、とっても寒く感じられる日でした。

函館での開催にもかかわらず、遠く埼玉から工藤(篠田)純一さん、金沢から澤口耕さんも駆けつけ、また初出席の方も何名かいらっしゃいました。

会は16回生の幹事長、二川佑一さんの挨拶、出席最年長 11回生の星野浩治さんの乾杯でスタート、6年ぶりでのこともあり、近況やこれからについての話も上がっておりましたが、体調やら病気の話もかなり出ていたように思います。もちろんメインは当時の話ですが、だいぶやんちゃをした話も飛び交っておりました。ま、時効ですしそれも懐かしい思い出です。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、終わりの時間に。最後に長年幹事長を務めて頂いた二川さんから、ご自身と幹事の20回生守屋(安保)静子さんの幹事引退の爆弾発言が飛び出すとともに、小生への幹事指名、中江さんから28回生の小林正和さんの幹事指名もあり、次回から新幹事ということに。中江さんはこれからも協力頂けるとのことで、いささかほっとしているところです。そのあと16回生の和田稔さんの締めの乾杯でお開きに。三々五々五稜郭のネオン(古いですね)の中に消えていきました。きっと楽しい二次会が待っていたことでしょう。

また次回もみなさま元気で出席されますように。今回出席が叶わなかった方は是非次回は出席下さいね。
卓球部OB会
 

20回生同期会開催される

井田幸子(20回生)

高校卒業後49年になる今年、何年ぶりかとなる同期会を開催しました。前回の同期会が何時だったのか。憶えていないほど昔(?)だったのは確かです。発起人は二階堂功さん。5月の同窓会会場で、「今度は同期会をやろう。10月に」と提案したのです。その言葉通り、1019日の土曜日、高田馬場の居酒屋に7人の同期生が集まりました。

一人は札幌在住の川口安弘さん。札幌から九州・熊本まで車で2週間かけて知人を訪ねた帰り、東京に立ち寄っての参加です。「車で、それも一人で運転しながら九州へ行ってきたの。若いなあ」と賛嘆の声がしきり。私たち20回生は昭和45年の卒業で、今年大方の人は68歳か67歳に。川口君の行動力に刺激され、ひと昔前の68歳と比べて、まだまだ顔も体力も若いとみんなが思ったはず。

会社を退職し、子供たちも独立し、これからは自分の人生を楽しみたい。そんな思いが何年ぶりかの同期会につながり、カラオケでの二次会に。高校の頃は話をしたこともなかったのに、

何十年も会ったこともなかったのに、まるで高校生に戻ったかのように、楽しく時間が過ぎてゆく。これが同期会のよさですよね。

 20回生同期会

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
  • 冬の祖谷渓(おじさん ぶらり ひとり旅 その6)
livedoor 天気
函館西高等学校つゝじヶ丘同窓会
東京支部公式サイト
http://www.td-tokyo.com/
RSS
月別アーカイブ
プロフィール

tdtokyo

QRコード
QRコード